タイトル

 

短編映画『陽菜のせかい』上映会・講演会開催について

 

この映画は、たくさんの方々に視聴していただき、家族のケアをしている日常生活を知って頂くために制作されました。
YouTubeで一般公開されており、いつでも、どこでも、好きな時に上映会を開くことができます。

「陽菜のせかい」を通して、あなたの仲間に、あるいは自治体や学校で、家族のケアをしている子供や若者のことを伝えてみませんか?

 


 

オンライン上映会の主催について

上映会そのものについては特にお申込みの必要はございません。
※いつ、どこで上映したかをご連絡を頂けたら嬉しいです(任意)

 

オンライン上映会及び講演会のご依頼について

オンライン上映会と講演会ご依頼の流れ~5段階のプロセス~

01 【エントリー】
申込フォームに、講演開催に関する必要事項を記入して回答
02 【ご請求書発行】
エントリー通知メール到着後、事務局よりご請求書を発行
03 【上映会・講演会告知】
告知とアンケートの準備は各自で行ってください。
04 【上映会&講演会開催】
映画視聴後、講師による講演会「ヤングケアラーの現状と課題」(60分限定)
05 【アンケート】
上映&講演後1週間以内にアンケートの回答結果をご共有ください

=詳細=

1.エントリー
申し込みフォームに必要事項を記入して申し込みます。

2.ご請求書発行
事務局より、講演費のご請求書を発行いたします。
上映会・講演会の終了後にお支払ください。
その後、主催情報やチラシのデータは任意でシェアします。

3.上映会&講演会告知
主催者様は、事前に再生チェックを行い、不具合があればお問い合わせください。
参加者へYouTube視聴URLをご連絡ください。

4.上映会&講演会開催
視聴リンクの再生チェックを行い、不具合があればお問い合わせください。
会場上映の場合は、プロジェクター投影等による上映を行って下さい。
終了後、アンケートを配布し回収してください。

5.上映後報告
上映後1週間以内に参加人数とアンケート結果のご報告を事務局までご連絡ください。

 

料金について

上映会&講演会(1回あたり)50,000円+税(講演会40分・質疑応答20分)
会場上映の場合は、交通費・宿泊費を別途ご請求いたします。
講師:一社)ケアラーアクションネットワーク協会代表理事 持田恭子

 

上映会FAQ(よくあるご質問)

Q.友人に視聴リンクを共有して一緒に観ても良いですか?
A.YouTubeで一般公開されているので、いつでも、どこでも、ご自由にご視聴いただけます。

Q.講演会の時間を延長できますか?
A.質疑応答と合わせて60分限定なので、延長することはご遠慮ください。

Q.講演の内容を教えてください
A.「ヤングケアラーの現状と課題について」という内容です。上映会とセットの講演会の場合は、主催側のご意向に沿った内容に調整することができませんのでご了承ください。

Q.上映会のみの場合も手続きが必要ですか?
A.いいえ、ご自由に上映会をご開催ください。後日、感想や参加人数などお聞かせいただけたら嬉しいです

Q.講演会ではなく「対談」を行っていただけますか?
A.はい、講演の代わりに対談を行うことができます。料金は同額(1回50,000円+税+交通費+宿泊費)です。

Q.キャンセル料は発生しますか?
A.はい、キャンセル料の規定がございますので、主催者様にご案内申し上げます。

 

上映会、あるいは上映会&講演会を成功させるための準備ステップ

ご自身の企画に応じて進めていただく際の参考にしてください

STEP1 仲間集め
主催チームを集めましょう。おひとりでの開催も可能です。

STEP2 内容企画
「誰のために」「何のために」にやるのかを明確にして企画しましょう。
上映後に、弊協会の講師による講演会をご希望の方は下記申込フォームに必要事項を記入して送信してください

STEP3 予算確認
ご予算に見合うかどうかご検討ください。講演時間の延長などはできません。

STEP4 上映環境の整備
配信端末を準備して、ネット環境を確認しましょう。

STEP5 参加者集め
自治体や学校などで上映する場合には、参加者の反応や感想をアンケートで回収し、弊協会とご共有いただけたら幸いです。
PeatixやSNSなどを活用して公募し、多くの方々に伝えることをお勧めします。

STEP6 上映会の開催
Wi-Fi環境、パソコンの設定などを事前に確認しておきましょう。

STEP7 アンケート
参加者アンケートを回収し、弊協会に結果をご報告ください。
アンケートには個人情報を掲載しないようご配慮下さい。

 

短編映画『陽菜のせかい』上映会・講演会開催申込フォーム

    『陽菜のせかい』を知ったきっかけ

    映画公式ページに戻る

    © 2022 Carer Action Network